iphoneの電池の消費を抑えたい時は

自宅で使用する場合は何時でも充電できますから良いですが、出先など、当分充電ができない状態でiphoneの電池を長持ちさせたい場合には、幾つかの設定が大切になります。例えば意外に大きな電力を消費する部分がバックライトです。これは画面の明るさの調節で変更できますので、可能でありましたら明るさを最低にするなど、画面の明るさを極力低くすることで、電池の消費を抑えることができます。またブルートゥースも電力を必要とする部分でありますので、こちらも可能であればカットすることが有効になります。そしてWi-Fi接続も電力を消費する一因でありますので、その接続解除も検討してみると良い部分です。更に3D関連のゲームアプリなどは特に電力を消費しますから、iphoneの電池の消費を抑えたい時は、それを我慢することも重要です。

電池の切れたiphoneが再度使える便利な製品

iphoneは色々な用途に使用しますから、際限無く利用していますと電池の消費も早くなってしまいます。そして完全に消費してしまいますと、充電するまで起動ができなくなりますので、出先などで長時間使用する見込みがある場合では、何らかの対策が肝要になります。そこで着目すると良い製品が、急速充電器などです。これは主に乾電池などを使用して、その電力によってiphoneの充電を行うという製品になります。その為この製品さえありましたら、例え電源の無い屋外でありましても充電することが可能になり、再度iphoneが使用できる状態になります。その為屋外で長時間使用する場合では、必須とも呼べる存在です。今ではこの製品も多岐に渡り市販されている為、充電性能の他にも、持ち運びのし易さやデザイン面など、付加価値の部分からでも製品選びが出来るようになっています。

iphoneの電池寿命を縮めるやってはいけない事

iphoneをお持ちの方は、充電回数がやたらと多くなってきて直ぐに電池切れになってしまう方も多いでしょう。そんな方が共通して多いのが正しい充電方法や扱い方をしていないという事です。出来るだけバッテリー自体の寿命を長持ちさせるには充電の知識を知っておきましょう。例えば毎回ギリギリまで使用したり、バッテリーを使い切ってしまう方もいますが、容量が減りすぎてしまう回数が多いとバッテリーにダメージを与えてしまいます。逆に100%のまま長期保存していてもバッテリーの劣化を早めてしまいますので、50%あたりを過ぎた所から充電を意識するようにしましょう。また100%の状態の時、iphone自体が熱を持つようになります。この時に炎天下の下、気温の高い場所で放置しておくと破損する恐れもあるので注意しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です