iphoneの電池の持ちに不満のある方!

人気のiphoneを手に入れたはいいがいざ使ってみると電池がすぐになくなってしまう、こういった話は結構耳にするものです。実際、最近の端末は高機能になりアプリも多くできることが多くなってきています。パソコンがなくてもほとんどのことはiphoneだけで済ませてしまえるほどです。ただ、できることが多いということは当然それだけ操作する時間も増えているのですから消耗も早くなります。では、どうしたらいいのでしょう。まず考えるのは「充電器を常に持ち歩く」ということでしょう。しかし、いつもコンセントが近くにあるとは限りません。では「モバイルバッテリーを持っておく」これはどうでしょう。有効ですがモバイルバッテリー自体の充電を忘れる人も結構います。こういったものもあります。「バッテリー内蔵iphoneケース」というものです。iphoneにケースやカバーを着ける人は多いでしょう。そこに外部バッテリーがついていたら単純に考えて電池の持ちは約2倍近いものです。多少本体の厚みが増してしまいますが、モバイルバッテリーを接続する時に比べコード類がない分不便さは軽減されています。充電も本体を充電する際に同時に出来るものも多くあります。電池のもちに不満のある方、選択肢の中に入れてみてはいかがでしょうか?

iphoneの電池交換を即日で行う修理専門店

iphoneを使用する上におきまして、電池の健康状態はその稼働時間に極めて大きな影響を与えます。採用されている電池は昔の物と違い、つぎ足し充電などでも劣化が起こり難いタイプが使用されていますが、それでも経年劣化は避けることができません。その為、使用期間や充電頻度によりまして、新品に交換することが良策となります。また、交換作業をお願いする為、正規サポート窓口に渡しますと、大抵は何日間か預けることになります。そして料金も当然ながら正規の料金が請求されて来ます。そこで、その日の内に交換してもらえ、料金も割り安なiphoneの修理専門店が有力な存在になってきます。スピーディーな即日作業をうたっている修理専門店が多くありますから、そこでの電池交換はとにかく仕上げが早く、忙しい現代社会にはピッタリの存在です。

電池に優しいiphoneの充電方法

iphoneを新品状態のまま使い続けることは、電池に配慮して使用することでもあります。例え本体がピカピカの新品同様でありましても、フル充電時でも直ぐに電池が切れてしまう様な場合では、とても新品状態ということにはなりません。そこで劣化を防ぐ為に、iphoneの充電時に考慮しておくと良いちょっとしたコツがあります。まずその一つには、終始100パーセントのフル充電を維持しないということが挙げられます。これはフル充電状態が、意外に負担の掛かる状態でもあることがその由縁です。しかしそれ以上に懸念すべきことは、充電率0パーセントの空の状態でそのままにしておくことが良くないともされています。その為、望ましい充電方法は20パーセント程に減少した時に80パーセントまで充電し、そこで充電を終えて使い始めることが理想的とされ、これが電池に優しい日常的なiphoneの充電方法とも言われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です